「展示会ではアンケートを取ったほうがよいのでしょうか?」
という質問を受けることがあります。

展示会に出展していると
アンケートを取っているブースと
アンケートを取ってないブースがあります。

 

アンケートを取ることによるメリットとしては

  • ランク分けに使える
  • 市場のニーズを聞き出せる
  • 次のアクションへの参考情報が得られる

といったものがあります。

アンケートを取る主な目的としては
ランク分けのために使っていることが多いと思います。

そのようなアンケートの場合BANTを使っているところも多いです。

BANTとは

1)Budget(予算)
2)Authority(決裁権)
3)Needs(必要性)
4)Timeframe(導入時期)

という項目のことを指します。

これらにより契約につながりやすい見込み客化を
判断する材料とするわけです。

展示会の出展目的は契約をとることですから
正しい項目といえそうです。

これらの項目を正確に聞き出すことができれば
確かに役立つ情報です。

しかしながら、展示会のアンケートで
これらの正確な情報を聞き出せるでしょうか?

残念ながら展示会で会っただけで
予算や購入時期などを
素直に話してくれることはほぼありません。

ですので、実際には当てにならないことが多いです。

アンケートを取るのもよいですが、
しっかりと相手と会話すること。

そのほうが大切だと私は考えています。

-------------------------------------------------------------------------------------


【無料PDFダウンロード】
展示会から新規顧客を獲得するためには、7つのステップがあります。
その7ステップを知りたい方は以下からお申し込みください

展示会マニュアル