セミナーから個別相談に申し込んでもらうには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日セミナーを開催しました。

参加者6名中5名の方から個別相談にお申込みいただきました。
申し込み率83%です。

セミナー⇒個別相談(個別セッション)⇒契約

というのは、士業・コンサルタント・コーチが顧客を獲得するための王道ともいえる流れです。

ところが、
「セミナーから個別相談(個別セッション)に申し込んでもらえない」
という士業・コンサルタントの方は多いです。

セミナー参加者のうち10%~20%くらいが個別相談(個別セッション)に進んでもらえる
という士業・コンサルタントの方が多いです。

10人参加したら1人か2人
5名参加だと1人申し込んでもらえればラッキー
くらいのイメージです。

ですが、実際そのような方が多いです。

それに比べると6名中5名、83%というのはかなり良い数字だといえます。
とはいえ、この数字は実は特別にすごい数字ではありません。

私がコンサルティングさせていただいているクライアントさんも
セミナーからの個別相談(個別セッション)への申し込み率は
50%~100%と高い数字を出しています。

では、なぜこのように高い確率で
個別相談(個別セッション)に進んでもらえるかというと、
個別相談(個別セッション)に申し込んでもらうことを
ゴールとしたセミナーを構築しているからです。

そこには
・セミナーの流れ
・セミナーで伝えるべき内容
・個別相談(個別セッション)への誘導の仕方
などのノウハウがつまっています。

多くの士業・コンサルタント・コーチの方は
そのようなセミナー構築法を知らないまま
我流でセミナーを開いているので、
なかなか個別相談(個別セッション)が取れないのです。

しっかりとセミナーを構築すれば、
50%以上個別相談(個別セッション)に
申し込んでもらうことは決して難しいことではないのです。

ここではすべてを語ることはできませんが
一番のポイントだけお伝えしておきます。

それは何かというと
「個別相談(個別セッション)に進むべき理由」
をしっかりと提示するということです。

セミナーだけで満足してしまっては
個別相談(個別セッション)には申し込んでもらえません。
個別相談(個別セッション)に進むからこそ
得られることを理解してもらう必要があるのです。

例えば
「セミナーの内容だけでは対応できないところを個別相談(個別セッション)でお伝えする」
「セミナーでは一般的な話しかできないので個別具体的な対応は個別相談(個別セッション)でお伝えする」

など、セミナーだけではなく、個別相談(個別セッション)に進むべき理由を提示するのです。

そうすることで、個別相談(個別セッション)への申し込み率はアップするのです。

なぜ個別相談(個別セッション)に進むべきなのか?

それをセミナーで提示してみてください。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

士業、個人コンサルトが企業に選ばれる存在になるためのB2Bマーケティング 無料メール講座

shosai1