集客で重要な3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お客さんが来なければ
そもそもビジネスは成り立ちませんから
集客は最も重要な活動といえます。

でも、この集客に苦労しているという
士業・コンサルタントの方が
非常に多くいらっしゃいます。
集客で悩んでいる方から
「どういう集客手法が一番有効ですか?」
ときかれることがあります。

集客手法としては
ホームページ、ブログ、SNS、メルマガ、
広告、紹介、DM、FaxDM、チラシ、など
いろいろな手法があります。

 

しかし、「どの手法が一番有効か?」
の前に考えておかなければならない
3つのポイントがあります。

それは、マーケティングの権威である
ダン・S/ケネディ氏が提唱する
マーケティングの「3M」です。

 

Mから始まる3つのワードで、それは

●マーケット(Market)
●メディア(Media)
●メッセージ(Message)

の3つです。
それぞれを簡単に解説します

 

●マーケット(Market)

マーケットとは直訳すると市場のことで
言い換えると「ターゲットとなるお客さん」
のことです。
この「ターゲットとなるお客さん」を
しっかりと見定めることが大切です。

 

●メディア(Media)

メディアとは媒体のことです。
具体的には先ほど上げたような
ホームページ、SNS、DMチラシなどの
「集客の手法」のことといえます。

 

●メッセージ(Message)

メッセージはそのままメッセージです。
どのような言葉で伝えるかということです。

これら3つに一貫性がある集客を
行うことが重要となってきます。

このどれかがずれていると、
集客はうまくいかないのです。
「ターゲットとなるお客さん」が違えば
相手の心に刺さりやすい言葉が変わります。

またよく見る媒体も変わってくるのです。

例えば、最近Facebookで
集客をする方が増えています。

しかし、ターゲットがご年配の方だとすると
Facebookは必ずしも適切なメディアとは
言えないかもしれません。

それよりも新聞の折り込みチラシのほうが
有効かもしれません。
また、ターゲットによって
心に刺さりやすい言葉も変わってくるので
伝えるべきメッセージも変わってきます。

したがって、
●マーケット(Market)
●メディア(Media)
●メッセージ(Message)

3Mに一貫性を持った集客戦略を
立てることが重要なのです。

ぜひ、3Mを考えた集客戦略を
立ててみてください。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

士業、個人コンサルトが企業に選ばれる存在になるためのB2Bマーケティング 無料メール講座

shosai1