契約が取れる士業・コンサルタントと取れない士業・コンサルタントの違い

契約が取れる士業・コンサルタントと
なかなか契約が取れない士業・コンサルタント。

その違いは何でしょうか?

 

私のクライアントさんの一人である
社会保険労務士さんで
「提案すると100%決まります」
という方がいます。

成約率100%って
すごいですね。
この方の成約率は特別すごいわけですが
それ以外のクライアントさんも
ドンドン契約が決まっています。

その一方で提案しても
なかなか契約が取れない
コンサルや士業の方も多いです。

 

その差は何でしょうか?

契約が取れる士業・コンサルタントと取れない人の違い

実績でしょうか?

いえ、違います。
成約率100%の社労士さんも
社労士事業を始めたところで

実績はほぼゼロの状態でした。

 

スキルやノウハウでしょうか?

いえ、それも違います。
経験もないしスキルやノウハウも
特別なものがあったわけではありません。

それでも契約が決まっていきます。

 

では、契約が決まる人と決まらない人の
一番の違いは何でしょうか?

契約が取れる士業・コンサルタントが持っているもの

一番の違いは「自信」です。

自信を持って、確信をもって
相手に提案できているか
が一番の違いです。

オドオドしていたり
こちらの顔色をうかがっていたり
自信なさそうに提案してくる人と
契約したいと思わないですよね。

逆に、自信と確信に満ち
堂々と提案してくる人だと
安心して契約できます。

このように「自信」をもって
提案できているかが大きな違いです。

何に自信を持つのか?

とはいえ、まだ実績も経験もなくて
自信が持てないんです。。。

という方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、それは何に対して
「自信」を持つのか
その見方を変えればよいです。

自分のスキルや実績、経験に
「自信」を持つのではないのです。

そうではなく、目の前にいる人に対して
「この人のお役に立てる」
という自信を持つのです。

相手のために自分の現時点で持っている
知識、経験、スキル、ノウハウを提供すれば
その人の役に立つことはできるはずです。

 

役に立つということは
価値を届けられるということです

その人の悩みを解決し、
よりよい状態に導くことができる
ということです。

 

このように
「目の前の人の役に立つことができる」
という自信と確信を持って、
相手のために提案すれば契約は決まります。

 

ぜひ、この観点をもって
相手に提案をしてみてください。

必ず成約率は上がります。

   

個別相談で成約率を上げる方法

士業・コンサルタント・コーチの方は
個別相談や個別セッションで
最終的な契約を取ることが多いと思います。

一対一の個別相談で
しっかりと相手との信頼関係を築き
価値を感じてもらう必要があります。

 

ところがこの個別相談はやるものの
なかなか契約が取れない。。。

という方もけっこういらっしゃいます。

成約率が低いと当たり前ですが
なかなか契約が取れません。

 

といいながら、私自身も起業当初は
全然、契約が取れませんでした。

個別相談で13件連続断られ続けました。。。

あのころは正直、辛かったです。
ところが、個別相談の進め方を学んだところ
すぐに契約が取れるようになりました。

そして、その後4件連続で契約を獲得。
一気に成約率が上がりました。

個別相談の成約率を上げる考え方

では、何を学び何を変えたのか?

それは
「相手の悩みや問題をひたすら聞くこと」
に徹したということです。

 

それまでの私は相手が何か言うと

「それはこうしたほうがいいですね」
「それには私のこのノウハウが使えますよ」

と、相手の問題に対して
すぐにアドバイスをしてしまっていました。

すると相手は
「あ、そうすればいいんですね。
では自分でやってみます」
ということになってしまっていました。

その時点で満足されてしまったわけです。

 

しかし、
実際に相手が相談してくる問題は
専門家から見ると
表面的な問題であることが多いです。

本当はもっと奥深い
真の問題があるわけです。

 

そこで私は個別相談で
表面的なアドバイスをするのをやめました。

そして、個別相談では
相手の悩みや問題をひたすらヒアリングし
真の問題とその解決策を
相手から引き出すことに集中しました。

 

すると相手はそれまで自分自身では
気付いていなかった問題点に気付きます。

そして
その問題に対する解決策を示してあげると
成約率が上がり、
契約が簡単に取れるようになりました。

個別相談の成約率を上げるスキル

個別相談の成約率を上げるにはヒアリング、
相手から引き出すことがとても重要です。

 

この力があれば、相手からお願いされて
契約が取れるようになります。

 

そしてこのヒアリングの力を高めるには
コーチングのスキルがとても役立ちます。

 

コーチングのスキルを手に入れることで
あなたは相手からニーズを引き出せます。

そして、相談にのっているだけで
自然に契約が取れるようになります。

士業・コンサルタントはコーチングを
学ぶことをおすすめします。

   

AI時代に勝ち抜く士業・コンサルとは?

「AIが普及して仕事なくなるのでは…」
と不安に思っている方が増えています。

実際、いろんな仕事が機械に
置き換えられて行っています。

無料のサービス
安価なクラウドサービス
が提供されています。

どんどん便利なサービスが
安価に利用できるようになっています。

単純な作業
決まりきった手続き
機械のほうが得意な仕事は
どんどん機械に置き換えられます。

実際にその結果、

士業の仕事の単価が下がっている
士業の仕事を機械に奪われている
ということも起こっています。

今後、AIがさらに発達していきます。
機械にできることをしている士業は
単価が下がるだけではなく
仕事自体がなくなってしまうでしょう。

資格を持っていれば安泰
という時代ではないわけです。

では、AI時代に勝ち抜く士業になるには
どうしたらいいのでしょうか?

まず一つ言えることは
人間にしかできないことをやる
ということです。

機械にできることは
機械に置き換えられます。

機械にはできず、
人間だからできること
をやっていく必要があります。

ただし、それだけでも不十分です。

勝ち抜く士業になるためには
あなたにしかできないこと
をやっていく必要があります。

そうすることで
「あなただからお願いします」
と言われるようになれます。

とはいえ、
「自分にしかできないことって何だろう?」
「自分にしかできないことなんてない…」
と思ってしまうかもしれません。

しかし、そんなことはありません。

あなたにしかできないこと
あなたにしか伝えられないこと
あなただからこそできること
というのは必ずあります。

そして
「あなただからお願いします」
と言われるようになれます。

   

成功するためには環境が大切

私のクライアントさんが集まる
グループコンサル中で
「環境が大切」
という言葉が出てきました。

ともに学び、
ともに成長し、
ともに成果を手に入れ、
ともに喜びあえる。

そんな仲間がいることが
とても大切だという話でした。

そう思っていただける環境だと
感じてくれていてとても嬉しかったです。

 

士業・コンサル・コーチの方は
1人でビジネスをしている方も
多いと思います。

しかし、ずっと1人でやっていると
・何をやったらいいかわからなくなったり
・やる気が持続しなかったり
・ついつい怠けてしまったり
ということも起こりがちです。

 

実際私自身もそんな経験があります。

そこで大切なのが周りの環境です。

自分よりも成功している人
成長意欲のある人
活気がある人
学んでいる人

そんな人たちと過ごすことで
自分自身も成長し、
成果を手に入れることができます。

 

逆に
グチばかり言っている人
文句ばかり言っている人
成長意欲がない人
やる気がない人

そんな人といると
自分自身もそこに引きずられます。

 

どちらを選ぶかはあなた次第。

でも、成長したい、成功したい
成果を手に入れたい
と思うのであれば環境が重要です。

今までと同じ環境にいては
同じ成果しか手に入れられないです。

自分を取り巻く環境を変えると
手に入る成果は変わってきます。

 

実際に私自身も周りの環境を変えたことで
収入が倍以上になりました。

ともに学び、
ともに成長し、
ともに成果を手に入れ、
ともに喜びあう

そういう環境に身を置いたからです。

 

その結果、
働く時間は短くなったにもかかわらず
年収が倍になったのです。

これが環境の力です。
あなたも今よりも成長したい
より大きな成果を上げたいのであれば
環境を変えてみることをおすすめします。

   

士業・コンサル・コーチが自分の専門スキルよりも学ぶべきこと

いくら
いい商品だったとしても
あなたの専門スキルが高かったとしても
素晴らしいノウハウがあったとしても

相手にその価値が伝わらなければ
契約を獲得することはできません。
だからこそ、自分自身の提供価値を
しっかりと伝えることが重要です。

 

ところが、
多くの士業・コンサル・コーチは
この「価値を伝えるスキル」を
学んでいません。

多くの士業・コンサル・コーチは
自分の専門スキルを高めることには
時間もお金も労力をかけます。

しかし、専門スキルを高めたとしても
その価値が伝わらなければ
契約につながらないのです。

 

ですので、
専門スキルを高めるより
価値を伝えるスキルのほうが
より重要といえるのです。

 

あなたの提供する価値は何でしょうか?

これを相手に響く言葉で
しっかりと伝えられますか?

 

価値を伝えられなければ
あなたは契約を獲得することができず
売上も上がりません。

そしてクライアントに
貢献することもできないのです。

 

契約を獲得していきたいのであれば
しっかりと自分自身が提供する
「価値」を伝えられるようにしてください。

価値が伝われば
クライアントからお願いされて
契約が取れるようになります。

   

クライアントから選ばれるために必要なこと

士業・コンサル・コーチの方は
「選ばれる理由」の明確化が大切です。

「選ばれる理由」がなければ
あなたではなく競合でもよいわけです。

誰に頼んでも同じ状態だと
価格競争に巻き込まれてしまいます。

逆に

「なぜあなたなのか?」
「他との違いは何なのか?」

選ばれる理由が明確であれば
あなたは指名されるわけです。

 

しかし、
「選ばれる理由を作りましょう」
と言っても

・私には特に強みがない・・・
・特別なメソッドがない・・・
・スキルがない・・・
・実績がない・・・
・経験がない・・・

と考えてしまう方も多いです。

強み、スキル、ノウハウ、実績、
がないと選ばれる理由はできない
と思ってしまいがちです。

しかし、実際には人柄や人間性、
情熱や想い、ミッションなども
重要な「選ばれる理由」になります。

特にミッションは大切です。
「このようなミッションを持ってやっているんです!」

と熱い思いを伝えることで
そのミッションに共感してくれる人が
契約をしてくれるようになります。

そしてファンになってくれます。

実際に私は
「自由に自分の人生を歩む人を増やす」
というミッションを掲げています。

このミッションを掲げてから
契約数が劇的に上がっています。
このミッションに共感する人だけが
私のもとに来てくれます。

そしてその方々は
私のファンになってくれます。

そのようなクライアントを獲得で来たら
いいと思いませんか?

ぜひミッションは何かを
考えてみてください。

   

心を動かすプレゼンテーションの秘訣

士業・コンサルタント・コーチなどの
専門家の方は、セミナーや講座などで
自分のノウハウや考え方、想いなどを
伝える場があるかと思います。

そんな場で相手に伝わるかどうか
相手の心を動かせるかどうかで
ビジネスは大きく変わってきます。

 

私自身は
・セミナー参加者に感動を与え
・セミナー参加者の満足度100%
・セミナーから個別相談への申込率90%以上
というような成果を出しています。

そして
「野村さん、ぜひお願いします」
と言われて契約を獲得しています。

では、そのように相手の心を動かす
プレゼンテーションがなぜできるのでしょうか?

 

秘訣はいろいろありますが
その中の一つのポイントは

「伝わる話し方をする」

ということです。
当たり前のこと、ですね。
しかし、この当たり前のことが
意外とできてなかったりします。

聞き手のことを考えずに
自分の考えを一方的に話すだけ
ということが起こりがちです。

これはセミナーや講演など
多くの人に向けて話す時だけでなく
実は一対一で話しているときも
起こっていることもあります。

話をする、プレゼンをするのは
相手に伝える、相手に伝わる
ということが目的です。

ところが相手がどう感じているかを
気にもせず話をしてしまう
ということがよくあります。

 

しかし、そうなると
当然伝わらなくなってしまいます。
一対一でもそんな状態です。

セミナーなど多くの人に向けた
プレゼンでは聞き手を意識せず
話してしまいがちです。

そうではなく、
聞き手の存在を意識して
語り掛けていく。

そんなプレゼンテーションによって
自分の想いを伝え、相手の心を動かし
自然と契約が取れる状態になります。

   

好きなことをビジネスにして独立起業しよう

私はクライアントさんに
「好きなこと、やりたいことをやりましょう」
とお伝えしています。

会社に勤めている人は
「やらされている」
「会社の命令だから」
「仕事だから仕方なく」
と思っている方も多いと思います。

実際、私自身もそうでした。

「やりたくないけど仕方なく」
「うちの会社は本当ダメだな」
「なんで、あんな人と仕事しないといけないのか」
不満を持ちながら仕事をしてました。

今思うともったいない時間を
過ごしていたなー、と思います。

その当時の私の考えというのは
「お金をもらうためには
嫌なことをしなければならない」
という考え方だったわけです。

なので極端な話
『仕事=苦痛』
だったといってもいいです。

 

でも、独立した今はすべて
自分の好きなようにやってます

好きなことをやって
好きな人だけクライアントにし
好きな人とだけ一緒に仕事をしています。

なので、
『仕事=楽しい』
になっています。

独立してビジネスをする
一番の理由はここにあると思っています。

好きなことをビジネスにし
楽しいことをやるために独立をする。

そうでなければ、
独立しても楽しい人生ではないです。
当たり前のことですよね。
ところが、独立しても

「お金をもらうためには
嫌なことをしなければならない」

と思っている方もけっこういます。

つらい思いをしないとお金は稼げない
『仕事=苦痛』
と思っている人もいるんです。

 

  • お金のためだからしょうがない・・・
  • 嫌なお客さんだけど仕方ない・・・
  • しばらくは修行の期間だから・・・
  • 経験がないからしょうがない・・

せっかく独立したのに
もったいないですよね。

そして、そう思っている方の多くは
残念ながら稼げません。

なぜかというと
嫌なことは続けられないからです。

独立をしたら継続して
ビジネスをしなければなりません。

なのに、嫌なことをやっていると
行動することができなくなります。

 

逆に好きなことは続けられるし
行動に移すことができるのです。

だから、結果として
売上も上がっていきます。

 

ですので、好きなことをやる
と決めることが大切なのです。

ぜひ自分が情熱をかけられる
好きなことをビジネスにしてください。

それが成功への近道です。

   

自分の強みの見つけ方

士業・コンサルタント・コーチとして
独立起業して自分でビジネスをするには
自分の強みを把握することが大切です。

多くの競合がいる中で選ばれるためには
強みをアピールする必要があるからです。

とはいえ、独立起業の前や直後の方は
実績や経験がない状態なので

「特に強みはないんですが・・・」

という方もけっこう多いです。

 

しかし、強みというものは
実は誰しもが持っているものです。

強みがないと思っている方は
その見つけ方がわかっていないだけです。

 

では、強みをどう見つければよいのか?

 

いくつもやり方はありますが
まず最初にあなたの経験を
洗い出してみることです。

特に失敗した経験や苦労した経験を
洗い出してみることが重要です。

そしてその失敗や苦労を乗り越えた経験こそ
あなたの強みの一つとなります。

 

なぜなら過去のあなたと同じ失敗や苦労を
今現在味わっている人たちに対して、
あなた自身の経験をもとにした
解決策を示せるからです。

そうすることで
「この人ならわかってもらえる」
という共感を得られ、説得力が増します。

 

ぜひご自身の過去の経験を
洗い出してみてください。

その中にあなたの強みがあるはずです。

   

AIに置き換えられない士業・コンサル・コーチになるためには?

人工知能、AIの発展に伴い
多くの仕事がAIに取って代わられるのでは?
といわれていますね。

まだ先の話と思っているかもしれませんが
意外と近い将来だろうと思っています。
実際にAIとまではいかなくても
単価が安くて便利なクラウドサービスなどに
仕事を取られてしまっているということも
すでに起こってきています。
それまで専門家に聞かないと
わからなかったことも
検索すればすぐに調べられたり。

それまで専門家にお願いしないと
できなかった業務もクラウドサービスで
簡単にできてしまったり。
単純な作業や業務などは
どんどん機械に置き換えられていってます。

AIがさらに普及してくると
どんどんAIに取って代わられる仕事が
増えてくるだろうと思います。
そんな中、AIに取って代わられることなく
ビジネスを発展させるためには
何が必要でしょうか?
セミナーの中で私は
「人間力」ということでお話ししました。

AIや機械にとってかわられないためには
AIや機械ができないこと、
人間しかできないことをすればよいのです。
では、それは何かというと
人と人とのつながり、
心と感情を取り扱うことです。

これはAIや機械にはできません。
単純作業や単にノウハウを伝えるだけだと
AIや機械に置き換えられてしまいます。

相手の心、想いや感情に寄り添い
希望をかなえ、課題を解決する。
そんなスタイルが大切になってきます。

これからはさらにコミュニケーションが
重要になってくるのです。