独立の準備期間は?

「独立したいんですがどれくらい準備期間が必要でしょうか?」
と質問されることがあります。

独立の準備期間は、状況によって人それぞれです。

いきなり勤めている会社を辞めて、
背水の陣で臨むという方もいらっしゃいます。

 

ただ、可能な範囲である程度準備してから、独立することをおすすめします。
会社に勤めている間でも準備できることはいろいろとあります。

理想を言うとすでにクライアントと契約できる状態で
独立してしまうのが一番良いです。

とはいえ、副業禁止規定などもあり、
なかなか行動ができないといった状況であれば
独立前に以下の点は準備しておくことをおすすめします。

 

①ビジネスコンセプト

独立後やっていきたいビジネスのコンセプトを明確にしておく必要があります。
ビジネスコンセプトができていれば、ビジネスのの方向性がわかります。

 

②商品作成

ビジネスコンセプトに基づき、商品を作成しておきます。
コンサル商品の場合、どのようなステップでコンサルをするのか
や期間や回数、金額などを決めておくとよいです。

 

③集客の計画

商品が出来上がれば、その商品を売るための
集客が必要となります。
具体的な集客活動ができなかったとしても
どのように集客をしていくかの計画
は立てておいたほうがよいです。

 

ここまでできていれば独立後は
商品を販売していく活動に注力できます。

そして、早く成果を出すことができます。

 

では、それにはどの程度の準備期間が必要か?

もちろん人にもよりますが3か月程度あれば
コンセプト作成、商品作成、集客計画を
立てることはできると思います。

 

   

契約を獲得するのに最も重要なこと

契約を取るためには何が大切でしょうか?

いろいろな要素がありますが
その中でも最も大切なものがあります。

 

それは何かというと「信頼」です。

 

いくら商品・サービスがよくても
信頼されていなければ、
絶対にクライアントは契約しません。

特に、コンサルタント・コーチなどは
自分自身が商品です。
そして、人と人の関係性がが重要な
職業となります。

ですので、信頼される人でなければ
契約が取れません。

 

もちろんノウハウやスキルなどの
信頼性も重要なのですが
それよりも人としての信頼感が
もっと重要になってきます。

 

実際に私のクライアントさんが
私を選んだ理由としても

「一生懸命にサポートしてくれそうなお人柄を感じたので」
「自信がありそうな姿に惹かれた」
「私のことを理解して、導いてくれると感じた」

といった、人間性に関することを
おっしゃっていただくことが多いです。

※もちろん「ノウハウに納得した」のでといった声もいただいてます。念のため

 

このように人間性、人柄というのは
とても重要な要素となってくるのです。

では、人として信頼されるには
どうすればよいのか?
もちろんいろんな要素はあります。

しかし、結局のところ、
クライアントのことを思い、
クライアントのために何ができるか考え
クライアントと真摯に向き合う。

これが一番大切なのです。

 

契約が欲しいから、お金が欲しいから
とりあえず仕事だから
といった態度はすぐばれてしまいます。

そうではなく、
しっかりとクライアントに貢献する。

そのことを強く思っていれば信頼され
結果として契約が取れるのです。

   

メルマガやブログの文章の書き方

「メルマガやブログってどうやって書けばいいんですか?」
「文章書くのが苦手で書き方がわからないんですがどうすればいいですか?」
といった質問を受けることがあります。

文章を書きなれてない方はこのような悩みを持っている方も多くいます。

このような方はまずテンプレートに沿ってやってみるとよいと思います。

説得力のある文章構成のテンプレートはいくつかあります。
有名なところではPREP法(プレップ)というのがあります。

文章やプレゼンテーションでよく使われるテンプレートです。

このPREP法に沿って文章を書くと、説得力のある文章が出来上がります。
今回はこのPREP法についてお伝えします。

PREP法

PREPとは何かということを
「Point」「Reason」「Example」「Point」
の頭文字をとったものです。

  • Point(結論・主張)
  • Reason(理由)
  • Example(具体例)
  • Point(結論・主張)

この順番で書いていくことで
説得力のある文章となるということです。

Point(結論・主張)

まず最初に結論を書きます。
それにより何について書いているのかが
すぐにわかってもらえるようになります。

Reason(理由)

そして、結論・主張の理由を説明します。
理由がわからなければ、読み手は納得しません。

ですので、その結論・主張をなぜするのか
その理由を次に説明するのです。

Example(具体例)

そして読み手により具体的に
イメージしてもらい納得してもらうために
具体例を出します。

Point(結論・主張)

そして最後にまとめとして
また結論・主張を述べます。

この順番で書くことで
説得力のある文章が出来上がります。

PREP法の例

では、例を上げてみます。
文章を書くならPREP法を使うべきだ。(結論・主張)

なぜなら、PREP法のテンプレートに沿えば
説得力のある文章となるからだ。(理由)

実際にPREP法に沿って書いている
私の文章はとても分かりやすいと
みんなに言ってもらえている。(具定例)

だから、文章を書くならPREP法を使うべきだ。(結論・主張)

 

このような文章を読むと、
「なるほど」
と思うのではないでしょうか?

ですので、
メルマガやブログの書き方がわからない
という方は、まずはPREP法などのテンプレートを
使って文章を書いてみることをお勧めします。

 

   

高単価で契約すべき理由

私は士業・コンサルタント・コーチの方には
「高単価な商品を作りましょう」
ということをお伝えしています。
これには2つ理由があります。

1つ目は高単価にすることで
少ない客数であったとしても
売上を上げれるようにするということ。

これはビジネスという観点で
重要なことになります。
しかし、もう1つの理由は
ビジネスの観点というよりも
クライアントに貢献するため
の理由です。

それは、
「お互いに覚悟するため」
ということです。
クライアントは高額を支払うことで
「これだけ払ったんだから成果を出す」
という覚悟が決まります。

受け取る側は
「これだけ受け取ったんだから成果を出させる」
という責任が生まれ、覚悟が決まります。
無料、低価格で契約した場合
「どうせ無料だから」
「しょせん、これくらいの金額だから」
お互いにそのようなゆるみが生じます。

本気になれないので、成果に結びつかないのです。
そうではなく、お互いに覚悟を決め、
成果にコミットするためにも、
高額な契約をすべきなのです。
そうすることで、お互いに本気になり
クライアントの成果につながるのです。

そのためにも高単価な商品を作り
高額な契約を取るべきなのです。

   

コンサルティング価格はどう決めればよいのか?

士業・コンサルタント・コーチなど
自分のスキルやノウハウを提供するビジネスでは
目に見えるモノはありません。

そんな形のないサービスを提供する場合
「どのように価格設定すればよいのか?」
と、悩む方も多いです。

よくあるコンサルティング価格の決め方

よくある価格設定の仕方として
「1時間〇万円」
など、時間単価などにすることがあります。

そしてその時間単価は周りの相場にあわせて
設定しているという方も多いです。

しかし、私はあまりその方法はおすすめしません。

「1時間〇万円」という価格設定の場合
何時間働いたからその分のお金をいただきます
と言っているわけです。

それは労働に対する対価をもらうということになります。

いくらの価値があるのか?

ここで考えていただきたいのは、
「クライアントは何に対してお金を払うのか?」
ということです。

クライアントはあなたのサービス自体が
欲しいわけではありません。

あなたのサービスを受けることで
得られる結果に対してお金を払うのです。

つまり「価値」に対して対価を払うのです。

ですので、士業・コンサルタント・コーチは
提供する価値に対して対価を得るべきだと考えています。

大きな価値を提供するほど大きな対価が得られます。

あなたが提供する価値は
いくらの価値があるでしょうか?

そこを見つめ、価格を設定してみてください。

   

実績がなくてもクライアントは獲得できるのか?

「実績がないんですが大丈夫でしょうか?」

士業・コンサルタント・コーチとして独立したいけど
実績がないからクライアントを獲得できないのでは?
と不安に思っている方も多いと思います。

 

結論から言うと
実績がなかったとしてもクライアントは獲得できます。

 

当たり前ですが、誰しも独立直後は実績はありません。

もちろん私も独立直後は実績はゼロでした。
しかし、そこからクライアントを獲得できています。

 

なぜ、実績がなくてもクライアントを獲得できたのか?
契約ができたのか?

 

その前に考えなければならないのは
何のために実績が必要のなのか?
ということです。

 

実績は何のために必要なのか?

それは「信頼」を得るためです。

クライアントは
・あなたにお願いしてもいいのか?
・あなたにお願いして本当に成果が得られるのか?
・あなたにお願いして本当に課題解決できるのか?
といった不安を抱いているのです。

実績は、その不安をなくし信頼を得るための
一つの要素ということです。

実績があるからお願いしても大丈夫だ
と思ってもらうためということです。

 

つまり、他の要素で信頼が得られるのであれば
必ずしも実績がなくてもよいということです。

 

信頼を得るための要素

信頼を得るための要素は実績以外にも
いろいろあります。

例えば、
・保証
・人柄
・熱意
・資格
・メソッド
・ノウハウ
・誰かの紹介
・誰かの推薦
・クライアントとの人間関係
などもその要素となるのです。

実績がないのであれば、
別の要素で信頼を得ればよいのです。

 

実績が欲しいなら

とはいえ、実績はもちろんあったほうがよいです。

 

実績が欲しいのであれば、無料モニターや
低価格のモニターを募って実績を作る
というのも一つの手です。

実績がないからどうしても自信が持てない
ということであれば、それもよいのです。

 

いずれにしろ、実績がなかったとしても
クライアントは獲得できます。

実績を作るか、実績以外の要素で
相手の信頼を得ればよいのです。

   

特別な強みはないんですが・・・という方へ

士業・コンサルタント・コーチとして独立をしたい方
また、すでに独立はしている方の中にも
「特別な強みはないんですがどうすればいいでしょうか?」
といった質問をされる方がいます。

 

個人の士業・コンサルタント・コーチが
独立してビジネスをしていくうえで
独自の強みを打ち出すことはとても大切です。

独自の強みを打ち出せなければ
競合の中に埋もれてしまうからです。

 

ところが、「自分には特別な強みはない」
と思っている方も多くいます。

では、そういっている方は
本当に強みはないのでしょうか?

実はそんなことはありません。

 

士業・コンサルタント・コーチとして
自分の独自の強みを打ち出そうとする場合
独自ノウハウや特別なサービス内容、経験、実績
などに目が行きがちです。

しかし、強みというのは、それら以外でも
打ち出せるものが多くあるのです。

 

例えば、人柄などもそうです。
相談しやすい、親身になって寄り添ってくれる
そんな人柄も強みになってきます。

 

また、ターゲットによっても強みは変わります。
○○専門、○○の悩みを持っている人向けなど
ターゲットを絞り込んで特化すれば
独自の強みを打ち出すことはできるのです。

100人いて、99人には響かなくても
たった1人に響く強みがあればよいのです。

 

強みは見つけるもの、作り出すものです。
様々な角度から強みは見つけてみてください。

 

   

どれくらいの時間働いていますか?

私は独立1年目から月商100万円以上を
継続的に達成しています。

そこで
「100万稼ぐためにどれくらいの時間働いていますか?」
という質問を受けることがあります。

 

この答えとしては
「一般的な会社員の半分くらいですかねー」
とお答えしています。

 

自分でビジネスをしている場合
どこからどこまでが働いている時間なのか
明確にすることは正直難しいです。

ですが、実際に働いている時間は、
だいたい1か月で100時間くらいです。

 

そのうち、実際にクライアントと合って
コンサルティングを行っている時間は
だいたい40時間くらいです。

 

コンサルティング以外で働いている時間は
ブログやメルマガを書いていたり、
コンテンツを作っていたり、
セミナーをやっていたり
戦略を考えていたりします。

それらをあわせて、月100時間くらいが
働いている時間となります。

一般的な会社員の方に比べると
半分くらいかなと思います。

それでも一般的な会社員以上の
収入を得ることはできるのです。

 

そして余った時間は遊びのほかに
本を読んだり、セミナーに参加したり
自分の成長のための自己投資に使っています。

とても充実した毎日を送っています。

 

自由な時間を得られ、
自己を成長させることができ
クライアントに貢献できる

本当に独立してよかったと思います。

そしてそのように自由に生きられる人を
もっと増やすためのお手伝いをしたいと
本気で思っています。

 

   

私でも独立起業できますか?

私は士業・コンサルタント・コーチとして
独立したい方のサポートを行っています。

そんな中
「私でも独立できるでしょうか?」
といった質問を受けることがあります。

 

結論としては
「できます」
という答えになります。

 

もちろん単に独立するというだけではなく
しっかりと売上を上げていくという意味での
「できる」ということです。

 

私は誰しもが、何かしらの専門性を持っており
それを必要としている人がいると考えています。

ですので、誰しもが独立してビジネスを
成功させる可能性を持っていると思っています。

 

ただし、何も考えず独立して、
楽をして稼げるようになるかというと
そうではありません。

 

何も考えずに独立してしまうと

  • なかなか契約が取れない
  • 売上が上がらない
  • 集客ができない
  • 差別化ができない
  • 価格競争に巻き込まれる

といった状態になってしまいます。

 

そうではなく、
しっかりとクライアントを獲得し
売上を上げていくためには
いくつか必要な要素があります。

その中でも最も重要なのが
ビジネスコンセプト」です。

ビジネスコンセプト

ビジネスコンセプトとは
「誰に」
「何を提供し」
「どうなれるのか?」
「他と何が違うのか」
ということを明確にすることです。

言い換えると
「なぜあなたの商品を買う必要があるのか」
その理由を伝えることです。

 

あなたには何かしらの専門性があるはずです。
そして、それを必要とする人がいるはずです。

誰の役に立てるのか?
何を提供できるのか?
どう役に立てるのか?
他と違う何を提供できるのか?

ここを洗い出してみることをお勧めします。
そして、心に響くビジネスコンセプトを
作り出せばあなたは選ばれます。

まずはこのビジネスコンセプト
明確にしてみてください。

そうすれば独立し成功することが近づきます。

 

※個人の士業・コンサルタント・コーチが独立し、
ビジネスを構築する方法をPDFで公開しています。
士業・コンサルタント・コーチのクライアント獲得5ステップ

   

どんな資格を持ってますか?

「どんな資格を持ってるんですか?」
という質問を受けます。

私自身は

  • 中小企業診断士
  • 上級ウェブ解析士
  • VEスペシャリスト
  • 第一種情報処理技術者
  • 潜水士

といった資格を取得しています。

 

とはいえ、資格を持っているから
コンサルタントなわけではありません。

資格はあくまでも
その専門家であるとの証明の1つにすぎません。

資格はなくてもコンサルタントにはなれます。

 

あなたの知識や経験、ノウハウにより
誰かを助けられるのであれば
コンサルタントになることは可能です。

そして誰しもが知識や経験、ノウハウを
持っているのです。