展示会では1ブース1コンセプト

concept

展示会のブースはコンセプトが大切だとお伝えしています。

コンセプトが明確でなければ、何のブースカよくわからなくなってしまいます。
とりあえず自社の商品をなんでも陳列してしまうコンビニ型陳列では、
何のブースなのか、何を展示したいのかがよくわからなくなってしまうのです。

そうではなく、しっかりとした1つの明確なブースコンセプトを作ることが大切です。

このように言うと、商品は1つしかダメということでしょうか?
という質問をいただきます。

コンセプトが明確であり、そのコンセプトに沿った商品であれば
複数置いてもかまいません。

あくまでもブースとしてのコンセプトさえ統一されておればよいです。

では、どうしてもコンセプトを1つにまとめられない消費があり
2つ以上のコンセプトになってしまう場合はどうすればいいでしょうか?

その場合は、ブース自体を分けてしまったほうがよいです。
別の小間で、2ブースにするということです。

そして各ブースは1つのコンセプトにまとめる。
このほうがそれぞれのブースでの集客ができるようになります。

あくまでも1ブース1コンセプト。
これが大切です。

野村 昌平

野村 昌平

中小企業診断士/ウェブ解析士/VEスペシャリスト
/一般社団法人データマーケティングラボラトリー理事
「企業に選ばれる個人事業者を育成する」というミッションを掲げて活動中。

関連コラム

展示会での役割分担

展示会に出展する際は多くのスタッフの力が必要です。 限られたスタッフの人数で効率的に運営をしていく、 名刺を獲得していくためには

もっと読む »

PR

セミナー情報