展示会にコンパニオンは必要か?

展示会に行くとコンパニオンが集客をしている姿をよく見かけます。

展示会は見込み客を集めることが主な目的です。
そのためにはブースに人を集める必要があります。

そこでコンパニオンが活躍するわけです。

では、コンパニオンの役割とは何でしょうか?

来場者の注目を集める、というのが主な目的かと思います。

実際コンパニオンの方がいたほうが華やかな感じがし、
注目を集めることはできます。

ですので、コンパニオンを雇うことには意味があると思います。

 

ただし、目的を間違ってしまうと、コストを無駄にする可能性もあります。

コンパニオンがいることにより、集められる人というのは
本当にターゲットとなる人でしょうか?

単に華やかなところに集まった人かもしれません。

とりあえず、コンパニオンを使えばいい、というものではないということです。

目的を見つめ、その目的に向かい効果的に活用することが重要なのです。

野村 昌平

野村 昌平

中小企業診断士/ウェブ解析士/VEスペシャリスト
/一般社団法人データマーケティングラボラトリー理事
「企業に選ばれる個人事業者を育成する」というミッションを掲げて活動中。

関連コラム

展示会での役割分担

展示会に出展する際は多くのスタッフの力が必要です。 限られたスタッフの人数で効率的に運営をしていく、 名刺を獲得していくためには

もっと読む »

PR

セミナー情報