展示会後にセミナーをおすすめする理由

seminar

展示会に出展すると多くの名刺が集まります。

ただし、名刺が集まっただけでは契約は決まりません。
当たり前ですがその見込み客リストに対してフォローを行っていくことが重要となります。

有望そうな見込み客に対してはアポイントをとるかと思います。

しかし、そこでアポが取れなかった、あるいは有望ではないと判断した見込み客はどうしているでしょうか?
間違ってもほったらかしにしてはいけません。

その時は断られた、良い反応が得られなかった、有望ではないと判断した
としても可能性がなくなったわけではないのです。

そのような見込み客に対しても、継続的にしっかりとフォローすることで契約に結びつけることができます。

そのフォローの中で、私はセミナーを開催することをおすすめしています。

セミナーをおすすめする理由

セミナーをおすすめする理由はいくつかあります。
その理由をお伝えします。

アポイントよりハードルが低い

アポイントでは相手と1対1(1社対1社)で話をしなければなりません。
来場者からするとアポイントはめんどくさい、売り込まれるのがいやといった想いを感じる方も多いです。

それに対してセミナーは、1対多になります。
そのためアポイントに比べる、心理的なハードルが下がります。

アポは嫌だけど、セミナーなら行ってみようと思う方もけっこういます。

アピールがしやすい

セミナーでは自社のノウハウや商品の良さ、実績、事例などを長時間にわたり伝えることができます。

通常の商談の場などでは、そこまでプレゼンテーションに時間をかけることは難しいです。
それに対してセミナーでは自社が伝えたいことをしっかりと伝えることができます。

そのためアピールがしやすいのです。

関係性を深められる

アポイントで訪問し商品説明をすると「営業パーソン」とみられますが、セミナーでは「講師」となれるということです。

「講師」ということはその道の専門家ということです。

セミナーをすることで単なる売り込みではなく、専門家としてアピールすことができるのです。

 

このようにセミナーには多くのメリットがあります。
ぜひ、展示会後はセミナーを開催してみてください。

野村 昌平

野村 昌平

中小企業診断士/ウェブ解析士/VEスペシャリスト
/一般社団法人データマーケティングラボラトリー理事
「企業に選ばれる個人事業者を育成する」というミッションを掲げて活動中。

関連コラム

展示会での役割分担

展示会に出展する際は多くのスタッフの力が必要です。 限られたスタッフの人数で効率的に運営をしていく、 名刺を獲得していくためには

もっと読む »

PR

セミナー情報