本質的なマーケティング

interface

マーケティングというと
WebマーケティングやFacebookマーケティング
動画マーケティングといったものを
思い浮かべるかもしれません。

しかし、実はこれらの○○マーケティング
と言っているものの多くは、
単なるプロモーション、集客手法であり
マーケティングのごく一部にすぎません。

あるいはマーケティングリサーチを
思い浮かべるかもしれません。

このマーケティングリサーチも
マーケティングのごく一部にすぎません。

本質的なマーケティングというのは
もっと大きな概念になります。

簡単に言うとマーケティングとは
セールスを楽にするためのものです。

セールスを楽にするためには
・顧客のニーズの把握
・コンセプトの明確化
・心に響くメッセージ作り
・商品の見せ方
・ブランディング
・情報発信
・プロモーション
・購買プロセスの明確化
といろいろな方法があります。

それぞれはマーケティングの
戦術レベルとなります。

しかし、重要なのは個々の手法、
戦術ではありません。

重要なのは、戦略を立てることです。

セールスを楽にする
自社の商品を売りやすくするために
どのような戦略を組み立てるか?

全体的なマーケティング戦略を考え、
個別の戦術に落とし込む
ということが大切なのです。

なお、マーケティングについての
おすすめの本はありますか?
という質問を受けました。

論理的にわかりやすいものとしては
佐藤義典先生の
「図解 実戦マーケティング戦略」
がおすすめです。
http://amzn.to/2tTFDIA

マーケティングについて勉強されたい方は
一度読んでみてください。

野村 昌平

野村 昌平

中小企業診断士/ウェブ解析士/VEスペシャリスト
/一般社団法人データマーケティングラボラトリー理事
「企業に選ばれる個人事業者を育成する」というミッションを掲げて活動中。

関連コラム

展示会での役割分担

展示会に出展する際は多くのスタッフの力が必要です。 限られたスタッフの人数で効率的に運営をしていく、 名刺を獲得していくためには

もっと読む »

PR

セミナー情報