展示会に出展は何小間がいい?

展示会のブースを出す場合、小間数を決める必要があります。

1小間が最小単位で大きくしたいなら、2小間、3小間と増やしていくことになります。
おおむね1小間は3m×3mであることが多いです。

当然ながら、小間数が多くなるについてて出展費用もかさんできます。

では、何小間で出展するのが良いのでしょうか?

コストを抑えたうえで成果を出したいのであれば、2小間がよいかと思っています。

2小間あると、入り口を広く使えます。
ブースの空間を使うことができます。
また、デモンストレーションやプレゼンテーションを行うことも可能となります。

1小間でもダメなわけではありませんが、やはり存在感が失われます。
また、1小間ブースは展示会の中でも、あまり目立たない、人通りが少ない通路になるケースも多いです。

せっかく出展するのであれば、できれば2小間は確保したほうがよいと思います。

野村 昌平

野村 昌平

中小企業診断士/ウェブ解析士/VEスペシャリスト
/一般社団法人データマーケティングラボラトリー理事
「企業に選ばれる個人事業者を育成する」というミッションを掲げて活動中。

関連コラム

展示会での役割分担

展示会に出展する際は多くのスタッフの力が必要です。 限られたスタッフの人数で効率的に運営をしていく、 名刺を獲得していくためには

もっと読む »

PR

セミナー情報