売れる営業と売れない営業の違い

closing

売れる営業と売れない営業の違いとは何でしょうか?

・行動量
・商品知識
・プレゼンテーション能力
・セールス能力
などもその要素の一つです。

しかし、それよりも大切なことがあります。

それは何かというと
「売っている商品に対する自信」
です。

「この商品は絶対お客さんの役に立つ!」
と思って営業している人と
「仕事だから、しょうがないから売るか…」
と思って営業している人。

どちらが売れるでしょうか?

これは間違いなく後者です。

 

自分の商品がお客さんの役に立つと思えば
お客さんのために熱心にその良さを伝えます。

そして行動量が変わります。

そうなれば売り上げは上がります。

 

また顧客目線でみてみるとどうでしょうか?

自分が売っている商品に自信がなければ
顧客もそれを敏感に感じ取ります。

そんな営業が売っている商品を買いたいでしょうか?

不安がよぎるはずです。
ですので、売る側に自信がないものを買うことはないのです。

 

では、どうすれば商品に自信が持てるようになるでしょうか?

それは、
自社の商品にどのような価値があるのか?
自社の商品がどう顧客の役に立つのか?
どのようなベネフィットを提供できるのか?
ということを理解することです。

顧客の役に立つ、そこがわかれば自信が持てます。

まずは自社の商品の価値を見つめることが重要なのです。

野村 昌平

野村 昌平

中小企業診断士/ウェブ解析士/VEスペシャリスト
/一般社団法人データマーケティングラボラトリー理事
「企業に選ばれる個人事業者を育成する」というミッションを掲げて活動中。

関連コラム

展示会での役割分担

展示会に出展する際は多くのスタッフの力が必要です。 限られたスタッフの人数で効率的に運営をしていく、 名刺を獲得していくためには

もっと読む »

PR

セミナー情報